乳幼児用の車のおもちゃ「ロック・アップ・ガレージ」

未分類
この記事は約2分で読めます。

乳幼児期のお子さんにとっても、車は大好きなおもちゃ。プラスチック製や木製をはじめ、様々な種類のアイテムが登場していますが、どんなアイテムがおススメなのでしょうか。今回は海外メーカー、アンビ・トーイのロック・アップ・ガレージをチェックしてみましょう!


アンビトーイ (ambi toys) ロック・アップ・ガレージ AM31079J

ガレージ+3台の車のセットでガレージ遊びができる!

ロック・アップ・ガレージは、その名の通り鍵付きのガレージと車3台がセットになったセット。赤、黄、青の扉のあるガレージに車を入れて、鍵穴に鍵を差し込んで扉を開閉する「鍵あそび」ができます。付属の3台の車は10㎝ほどで、乳幼児のお子さんでも遊びやすいサイズと言えます。

発売元のアンビ・トーイ(ガルト社)とは? 「1968年にオランダで設立されたアンビ・トーイは、時代や国境を越えて赤ちゃんに使ってほしいモダンデザインの傑作ベビー遊具ブランドです。生まれてからの24ヶ月間は、一生の中でもっとも大きな成長を遂げる大切なとき。赤ちゃんの月齢、その時期の特徴的な行動をもとに発達段階にあったぴったりの機能を持たせることで、おもちゃ選びで悩む親子に寄り添うようにあそびのヒントを与えてくれます。」

メーカー紹介アンビ・トーイ(ガルト社)

鍵遊びはなかなか難しい?

ロック・アップ・ガレージ最大の遊びとなる鍵遊びですが、実はこれがなかなか難しいのです。鍵が短い、鍵が紐でつながれていて自由に動かせない、扉のつまみが短い、扉がすぐに倒れてしまってしまう……などが主な理由で、スムーズに開閉できないのです。また3つのガレージは内部で仕切られていないため、なかなか車が出てこないという点も少しイライラしますね(笑)。2歳ぐらいのお子さんでもスムーズに遊ぶのは難しいと言えます。

3タイプの車は遊びやすくておススメ

付属の車はオープンカータイプ、スポーツカータイプ、ワゴンタイプと3種類の異なる車種が用意されているのもうれしいところですね。すべて丸みを帯びた形状で、安全性にも配慮されています

この車は遊んでいると車軸の部分がキーキーと鳴り出すことがあります。そのときは車体と車軸(左右のタイヤを結ぶ金属の棒)の触れる部分に、食用油(オリーブ油やサラダ油)を少しだけ塗ってみましょう。音がなくなるだけでなく、滑りがよくなってよく走るようになります。

まとめ

コンセプトは良いアイテムですが、肝心の鍵遊びが遊びづらいのは難点ですね。ただ、3タイプの車はとても遊びやすいです。もし鍵遊びがうまくいかないのであれば、車だけで割り切って遊びのもいいでしょう。

Follow me!

フォローをお願いします
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ編集部
この記事を書いた人
くるまキッズ

車大好き未就学児を持つ親。ミニカーやおもちゃ探しで気づいたこと、イベントに行って気づいたことなどをお伝えします。

くるまキッズをフォローする
未分類
シェアする
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ

コメント