未就学児にオススメな車の絵本『はしれ!たくはいびん』

スポンサーリンク
絵本
この記事は約6分で読めます。

竹下文子さん×鈴木まもるさんが手掛けるのりもの絵本シリーズの一冊。様々なのりもの絵本の中でも、宅配便を扱っているのは珍しいのではないでしょうか。内容はファンタジーというよりも、宅配便のお仕事をきちんと絵本として描いていること。これはお二人が手掛ける絵本の特徴といえます。

STORY

宅配便の車に乗って、おじいちゃんの畑でとれたりんごの旅がはじまります。大きなトラックに乗りかえて…。楽しい乗り物絵本。

偕成社 はしれ!たくはいびん

宅配便の仕事がわかりやすく伝わってくる!

宅配便の仕事を楽しく紹介してくれている絵本です。おじいちゃんから送られてくるりんごは、いったいどうやって運ばれて手元に届くのでしょうか? 

大きなトラックから高速道路を走って営業所へ! そこから小さな配達車に乗り換えて町へ配達に出発! 1つの荷物が運ばれていく流れが、しっかりと描かれているんです。

まだお子さんには漠然としている配達やトラックの仕事が、視覚的に伝わってくるという意味でも役立つ本です。町を走る宅配便を探したり、輸送されているりんごの箱を探したりするのも楽しいはず!

宅配便のミニカーで遊びたい!

この本を読んだあとは、宅配ごっこで絵本の世界を再現して遊びたいはず。そんなときに一緒に楽しめるミニカーといえば、クロネコヤマトのミニカーです。絵本に登場する車は、色的にもクロネコヤマトのイメージですよね。

以前はクロネコヤマトのポイントでゲットできたのですが、もう終わってしまったようですね。とはいえ、オークションなどでも出品されていますので、入手手段がないわけではありません。大型の10tトラックや街で見かけるウォースルー版、クール宅急便などの種類が豊富で、絵本で描かれた輸送手順通りにミニカーを使って遊ぶことができるんです。

詳細情報

作:竹下文子

絵:鈴木まもる

出版社:偕成社

価格:1000円+税

対象年齢:2歳~

21cm×26cm 32ページ

受賞歴:全国学校図書館協議会・選定図書(2005)

日本子どもの本研究会選定図書(2006)

Follow me!

フォローをお願いします
くるまキッズ編集部をフォローする
くるまキッズ編集部
この記事を書いた人

車大好き未就学児を持つ親。ミニカーやおもちゃ探しで気づいたこと、イベントに行って気づいたことなどをお伝えします。

くるまキッズ編集部をフォローする
絵本
スポンサーリンク
シェアする
くるまキッズ編集部をフォローする
くるまキッズ

コメント