トミカは何歳から遊べるの? 1歳からでも大丈夫?

トミカ
この記事は約23分で読めます。

初めて買うトミカ年齢は何歳がいいのでしょうか? 車好きのお子さんであれば、早い段階からおもちゃ売り場のトミカコーナーに引き寄せられてしまうはず。とはいえ小さいミニカーですし、お子さんが1歳や2歳だとためらってしまうこともあるかもしれません。果たしてトミカは何歳から遊ぶのが適しているのでしょうか? ここではトミカをはじめて買う年齢と、最初に買うべきおススメのトミカについて、考えていきましょう。

トミカの推奨年齢は?

さてトミカを買おうと思ったとき、「はたして何歳から遊べるの?」という点は気になるところです。タカラトミーの推奨年齢は3歳から。ただ、これは安全基準を考慮した幅のある解釈で、実際には1歳から2歳ごろから遊んでいるお子さんが多いようですね。我が家でも、最初にトミカを買ったのは1歳4か月のころですが、特に問題はありませんでした。ごく普通の走らせる遊び方ができれば、あまり神経質にならなくてもいいのかもしれません。

三歳以下でトミカを選ぶときの5つの注意点!

遊べるといっても、誤飲や投げ癖のある子は注意が必要です。トミカには細かいパーツを使っている車種もあり、またトミカ自体を誤飲してしまう危険性も考えられます。ほかにもダイキャストの比率の高い車は重く、投げると親御さんやきょうだい、他のお子さんをケガをさせる危険性もあります。お子さんの特性によっては、トミカではないおもちゃをチョイスするといいでしょう。

●パーツが外れやすい車種

はしご車などプラスチックの別パーツがついているおもちゃは、パーツ自体がはずれやすいです。口に入れやすくなってしまうので危険です。また、オープンカーは屋根がが外れるギミックがありますが、これも細かいパーツ。誤飲を避ける意味では、こうした車種も避けたほうがよいでしょう。

  • No.108 日野はしご付消防車
  •  No.26 マツダ ロードスター

●キャタピラを使っている車種

キャタピラがゴムパーツで作られており、外れないようになっていますが、ちぎってしまうことも。万が一、キャタピラがちぎれてしまうと誤飲の危険性があります。うちの子は小さいころにパワーショベルやブルドーザーのキャタピラを全部ちぎってしまいまして、成長してから「なぜキャタピラがないのか」と怒られました……。

  • No.056 コマツ ブルドーザD155AX-6
  • No.9 コマツ 油圧ショベル PC200-10型

●投げると危ない車種

いわゆるオフロードダンプトラック。荷台もダイキャスト製と金属比率が高く、非常に重いです。投げつけられると大人でも痛く、怪我をしかねない車種。投げ癖のあるお子さんにはオススメできません。

  • No.102 日立建機 リジッドダンプトラック EH3500ACII

●壊れやすい車種

救急車といえばお子さんが絶対欲しくなる定番中の定番。ですがこのハイメディック消防車などの救急車はバックドアが開きます。このバックドアが、遊んでいると外れてしまうんです。実際に2台購入しましたが、2台とも外れた経験があります。構造を調べてみると金属の薄い板で抑えているだけなので、ここが外れてしまうんですね。外れたパーツは誤飲の危険性はありますので、本当に小さいお子さんには別車種がいいでしょう。

  • No.79 トヨタ ハイメディック救急車

●シールを張る必要がある車種

トミカには追加でシールを張ることで完成する車種もあります。たしかにかっこよくなりますが、使い勝手が悪い面も。特に洗うとはがれてしまう、という点は気になるところです。小さいお子さんの場合、トミカを外に持ち出したり、お風呂で遊ぶこともありますので、せっかくのシールがはがれてボロボロになってしまうんです。こうした車種の場合、シールを張らずに遊びか、もしくはシールがない車種に変えたほうがいいでしょうね。

  • No.20 いすゞ エルガ 都営バス

まとめ・成長とともに適したトミカを!

いかがでしたか? もちろんお子さんの個性などによって、ここに紹介した車種すべてがNGというわけではありません。お子さんの成長とともに、さまざまな車種を解禁していきましょう。

Follow me!

フォローをお願いします
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ編集部
この記事を書いた人
くるまキッズ

車大好き未就学児を持つ親。ミニカーやおもちゃ探しで気づいたこと、イベントに行って気づいたことなどをお伝えします。

くるまキッズをフォローする
トミカ ミニカー
シェアする
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ

コメント