車好きキッズも楽しめるスモールワールズTOKYOの魅力!

スポンサーリンク
イベント

今夏有明にオープンしたスモールワールズTOKYOは、世界最大、総面積8,000m²にもなる屋内型のミニチュアテーマパークです。様々な街並みが再現されていますが、実は車好きなお子さんにとっても楽しめる場所なんです。ここでは実際に車好き視点から見た、スモールワールズの魅力に迫ってみましょう。

精工なミニチュアで再現された街を楽しむ

スモールワールズには6つのエリアが作られ、香港とヨーロッパを再現した『世界の街』エリア、飛行機の離発着まで行う『関⻄国際空港』、ロケットが飛び立つ『宇宙センター』、アニメの世界を完全再現した『美少⼥戦⼠セーラームーン』エリアに『エヴァンゲリオン』エリアなどが、1/80スケールのミニチュアで再現されています。

『住民権付きフィギュアプログラム』では、自分自身のミニチュアを作り、スモールワールズTOKYOの住人になることができるの魅力。どんな町に住もうか考えるだけでもワクワクしますね。

また専属ツアーガイドが、スモールワールズTOKYOを解説するバックヤードツアーもおすすめです。スモールワールズTOKYOの秘密、通常では見ることができない展示の裏側を解説しながら、その魅力を存分に楽しむことができるんです。

各エリアの見どころポイント

再現されている街並みには、実に様々な車が置かれており、それを見るだけでも楽しいんです。しかも場所によっては街中を走っていることも! しかもミニチュアなのに、ランプが光っているこだわりよう。どんな車があるのかをチェックするだけでも、1日が終わってしまうほど大量のミニカーが置かれています。

関西国際空港エリア

ミニチュアで飛行機の離発着をリアルに再現する驚きのエリア。そして飛行場ということで、特殊車両にも注目です。ちゃんと空港化学消防車も用意されているので、ぜひ探してみましょう。

空港化学消防車発見!
この飛行機たちが動いて飛び立ちます!

美少⼥戦⼠セーラームーンエリア

アニメ『美少女戦士セーラームーン』の舞台となる町は麻布十番がモデルだそうです。町を再現する中で、ちゃんと首都高速一ノ橋ジャンクションも再現されているんです! 小サイズながらも、きちととライトとテールランプも再現されていて驚きます。ちなみにセーラームーンたちも発見しました。意外な場所にいますので、こちらも探してみては?

渋滞の多い一ノ橋ジャンクションもイメージどおり。
車種を調べるだけでも楽しい!
ちゃんとセーラムーンたちもいます!

エヴァンゲリオンエリア

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の舞台となった第三新東京市こと箱根を再現したエリア。山のエリアということで、町はたくさんのトンネルでつながっています。走行している車たちも、トンネルを通過しながら、町から町へ移動していて、この車を追いかけるだけでも車好きキッズは楽しめます。

どことなく懐かしい街並みを再現!
アニメの世界とはいえリアルな街並み

世界の街エリア

特にアジア、香港エリアは賑やかな街並みを走る車たちやバスたちが楽しめます。またヨーロッパエリアは車だけではなく、電車も走っているので電車好きのキッズもお勧めです。

にぎやかな街並みを車が走ります
香港らしいバスたちもいます!

宇宙センターエリア

ケネディ宇宙空港やアニメーション監督、河森正治さんが手掛ける未来の宇宙空港(制作中)などが作られているエリア。ここにもロケットの打ち上げに訪れた住人たちが乗ってきた車が、大量に駐車されていて、これを見るだけでも楽しいです! ほかにもM●Bっぽいキャラクターたちも紛れ込んでいるかも? もちろんロケットの打ち上げは大迫力なので、ぜひこちらもチェックしてください。

このロケットが飛び立つんです!
月着陸船も展示されています。

疲れたらラウンジでひと休み

疲れたときは関西国際空港の目の前に設けられた、ゆったりとしたラウンジで休憩がおすすめ。利用料は500円かかりますが、JCBカードをお持ちの方は、1枚のJCBカードで2名様まで無料でラウンジをご利用できます。

詳細情報

●住所:〒135-0063
東京都江東区有明1丁目3−33 有明物流センター

●アクセス
ゆりかもめ 有明テニスの森駅 徒歩3分
りんかい線 国際展示場駅 徒歩9分

最寄り駅は「有明テニスの森」駅徒歩3分ということで、アクセスしやすい場所にあります。車では提携駐車場として、ダイワロイネットホテル東京有明駐車場がありますが、徒歩10分ほどかかります。スモールワールズTOKYOのあるビルにタイムズがありますが、割引は一切ありませんのでご注意を。

●入場パスポート
大人2,700円(税込) 中人1,900円(税込) 小人1,500円(税込)
※年間パスポート、バックヤードツアー、住民券付きプログラムなどの詳細は、ホームページでご確認ください。

Follow me!

コメント