【マッチボックス】歴史の古いミニカーメーカー

マッチボックス
この記事は約5分で読めます。

マッチボックスは、1953年にイギリスのダイキャストメーカーであるレズニー社が発売したミニカーです! 

その名前の由来は、車の絵が描かれたマッチ箱のようなケースに入って販売していたことですね。

なぜマッチ箱なのか、という理由については以下のような理由があるそうです。

マッチボックスのBOXより『学校では「マッチ箱に入るサイズのオモチャであれば、学校に持って来ても良い」という決まりを作っていました。』

引用:マッチボックスのボックス

現在はマッチボックス自体がホットウィールを持つマテル社の商品となっているために、ホットウィールと同じようなブリスターケースで販売されています。

現在、日本では広く販売されているわけではなく、入手場所は限られます。

どちらかといえば日本では普及していないミニカーですね。

赤いジープ、ランボルギーニLM002は日本では発売されていませんでした。




日本とマッチボックス

日本に初輸入された時期は定かではありませんが、1960年代に輸入されており、トミカの誕生にも影響を与えたということです。

たしかにマッチ箱のような箱に、車の絵が書いてあるマッチボックスは、現在のトミカのパッケージそのものですよね。

実際に買ってみてみると?

トイザらスなどの専門店、もしくは並行輸入品やyahooオークションでの中古、またはアメリカからの輸入という形で発売されています。

実際にマッチボックスでしか発売していない車種をyahooオークションで購入してみましたが、商品代金400円に対して送料が2000円以上かかり、高い勉強代となりました……。

まとめ

  • ダイキャストミニカーのご先祖様的な存在
  • 現在日本では正規販売されていない
  • 入手法が限られるマニアックなアイテム

Follow me!

フォローをお願いします
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ編集部
この記事を書いた人
くるまキッズ

車大好き、恐竜大好きなキッズを持つ親。ミニカーやおもちゃ探しで気づいたこと、イベントに行って気づいたことなどをお伝えします。

くるまキッズをフォローする
広告
マッチボックスミニカー
シェアする
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ

コメント