【ホットウィール】豊富なラインナップはミニカー界No.1!

ホットウィール
この記事は約11分で読めます。

ホットウィールはアメリカのマテル社が送り出すミニカーシリーズ。とにかく豊富なラインナップで、多彩な車種が発売されることが魅力。トミカのようにいつでも手に入りやすいわけではありませんので、気に入った車種を見つけたらすぐに入手するべき!

打倒マッチボックスを掲げて1960年代に誕生!

ホットウィールの歴史は1960年代にスタート。当時、ミニカーは欧州産のマッチボックスが主流でしたが、これに真っ向から対抗する存在として、入念にプロジェクトが進められたとのこと。日本では1969年から輸入され、現在でも日本で販売されています。

最新車種からクラシックカー、アメ車にスーパーカーに日本車も!

とにかくラインナップが豊富なのがホットウィールの魅力。ホットウィールといえば、アメリカンカルチャーを反映した派手なマシンが思い浮かびますが、日本や世界のクラシックカーから最新のスーパーカー、アニメやアメコミとコラボしたドリームカーまで、様々な車種がラインナップされています。あまりにもラインナップが多いため、日本には輸入されない車種があるほど。特に最近はアメリカで日本の旧車がブームということもあって、懐かしい車種も多いです。ここまで幅広い車種を送り出せるのは、ホットウィールだけではないでしょうか? 

左からマツダRX-3、ポルシェ935、ムルシエラゴ、デロリアンとあらゆる車種を網羅。
フォードの歴代ラリーカーをそろえることも!
プレリュード98。日本メーカーよりも日本車が幅広く発売されていますね。
スバル インプレッサ22Bの比較。青がトミカプレミアム、黒がホットウィール。アイテムにもよりますが、クオリティ的にも満足度の高いアイテムも多いです!

追いきれないほどの独自シリーズがとにかく多い!

様々な切り口で車種シリーズを出しているものホットウィールの面白さ。テーマ、年代などによって様々なシリーズが送り出されています。

レギュラー販売はされておらず、欲しい時が買い時!

主に日本に輸入されているのはベーシックシリーズと呼ばれるラインナップで、毎月30車種(!)程度発売されます。主な販売場所は、トイザらス、西友、イオン、ヤマダ電機、バースデイ、ドン・キホーテ。月初めの土曜日・日曜に入荷することが多いようです。

ホットウィールの販売方法はマジョレットと同様、トミカやジクのようにレギュラーの商品が継続販売されているわけではありません。一か月ごとに新車種シリーズが投入され、売り切りになっています。お子さんが欲しいと思った商品は、迷わずに買ってしまいましょう。

ブリスター形式で販売されているため、トミカとは違う印象です。



まとめ・とにかく種類・カテゴリーが豊富!

懐かしい車種から最新車種、アメリカンテイスト全開のモデルからキャラクターモデルまで、様々な車種がお求めやすい価格で入手できるのはホットウィールの魅力! レギュラー商品ではないので入手が難しい車種もありますが、むしろ大人がハマってしまいそうなほどの魅力がありますね。

Follow me!

フォローをお願いします
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ編集部
この記事を書いた人
くるまキッズ

車大好き未就学児を持つ親。ミニカーやおもちゃ探しで気づいたこと、イベントに行って気づいたことなどをお伝えします。

くるまキッズをフォローする
ホットウィール ミニカー
シェアする
くるまキッズをフォローする
くるまキッズ

コメント