100円ショップの車は公園遊びに最適!

スポンサーリンク
100円ショップのおもちゃ

車好きのお子さんなら、公園の砂場でもミニカーで遊びたいはず。でもトミカや家のおもちゃを持っていくと、汚れてしまいますし、砂で傷がついてしまいます。また汚れたおもちゃを家の中に戻すのも、ちょっと気になりますよね。

そんなときにおすすめなのも、100円ショップのおもちゃです。100円ショップのおもちゃは価格も安いので、外遊びで汚れたり破損をしても惜しくはありません。「外で遊ぶおもちゃ」と位置付けてしまえば、家の中に持ち込まないで済みますし、屋外に保管するなら完全にきれいにしなくてもOK。外遊びは、100円ショップのおもちゃを持ち出すのがオススメです。

公園の砂場で遊ぼう!

100円ショップのおもちゃを公園で遊ぶなら砂場がおススメ! おうちでは難しい山や道、池も作れますから、車の活躍するフィールドをたくさん作ることができます。では具体的にどんな遊びができるでしょうか?

重機遊び

重機を使った定番の遊び。ブルドーザーやパワーショベルで砂を運び、ダンプカーに乗せるといった一連の流れは楽しいはず。山を作ったり、穴を掘ったり。重機ならではの遊びが楽しめます。

サーキットを作ろう!

砂で道を作って、サーキットにしてしまおうという遊びです。レーシングカーが似合いますね。トンネルを作ってもいいですし、山を作ってもOK。楽しいコースを作ってレース遊びを楽しみましょう。

滑り台から大ジャンプ!

他に滑り台で遊んでいるお子さんがいない、という前提ですが、滑り台の上から車を走らせることも楽しい遊びです。すごいスピードで滑り台を駆け下りて、最後にジャンプ!見事に着地が決まれば気分は最高です。

砂場遊びで注意するポイント

おうちの中と違って、おそとの公園には注意しなければいけないポイントもあります。

他のお子さんにおもちゃを取られないようにする

砂場でのおもちゃ遊びは、他のお子さんにとっても魅力的です。実際のところ、つい手が出てしまうケースも珍しくはありません。無用なトラブルを避けるために、他のお子さんとの距離感、様子は注意深く観察しておきましょう。

「自分だけのおもちゃ」であることをわかるように、ステッカーやペンでデコレーションしておくこともお勧めです。気軽にカスタマイズできるのも100円ショップのおもちゃの魅力ですね。

プルバックのおもちゃは機能をなくしておく

プルバック機能(後ろに引っ張るとゼンマイがまかれて走る)機能は、多くの100円ショップのおもちゃに採用されていますが、公園で遊ぶならこの機能はなくしておきましょう。プルバックのゼンマイのギヤに砂が噛み込み、タイヤが回らなくなってしまうんです。具体的な方法としては、まず車体を開けてゼンマイを取り出し、内部のギヤをすべて取り払い、ゼンマイのケースだけにして車体に戻します。これで砂場に持ち込んでも、ギヤに砂が噛み込みことはなくなります。

まとめ・100円ショップのミニカーは、車好きとお外遊びを両立できる!

ここまで紹介してきたように、100円ショップのおもちゃがあればお外で存分に車遊びができます! ちょっとお外遊びが好きじゃないお子さんも、ぜひ100円ショップアイテム遊びに誘ってみては?

Follow me!

コメント